営業時間10:30~21:00 ※水曜 定休日

変化の先の笑顔のために!!

筋トレと再現性の高いスイング-4

伊藤 憲吾
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
伊藤 憲吾
身体を動かすことが大好きでそのまま体育大学卒業。
飲食店と会社員を経験後、フィットネス業界の道へ
趣味はサッカー観戦とゴルフ!
ゴルフは平均飛距離320yd、スコア80台目指しています!

綺麗なスイングは3面の運動で再現される

3面とは…

  • 矢状面
  • 前額面
  • 水平面

身体を使うスポーツなので

身体がこの面上に適切に動くことが非常に重要。

  • 矢状面は身体を伸ばす曲げる
  • 前額面は身体を側屈させる
  • 水平面は身体を捻じる

こんな当たり前のことが出来ない人は沢山います。

とは言えこの動きが出来る人がいるのか。

プロ〇〇の選手達でもめったにいないと思います。

というのは

身体は非常に器用でありそれでいて馬鹿正直。

一見、身体が動いているようでも他の部位を利用して

動きを修正出来てしまう。

ゴルフのスイングでもあるように

帳尻合わせが出来てしまうのが身体

そこから身体が摩耗すると痛みや怪我を生み出してしまう。

なぜプロの選手がトレーニングをするのか。

反復動作に耐えらえる身体づくり

エラー動作を起こしにくい身体づくり

をスポーツを愛する人にも目指して欲しい。

筋トレが当たり前に行われる社会を目指すのが私の願望です。

 

腰は回らない

 

身体を捻る動作でも

腰は過度に動くわけでは無く

この動作では主に股関節と胸郭が大きく関係しています。

腰の可動域:5°~10°

この可動域で上の写真のように身体を捻ることは不可能

身体を大きく動かすのは他の部位です。

先ほど書いたように股関節と胸郭が大きく関与します。

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
伊藤 憲吾
身体を動かすことが大好きでそのまま体育大学卒業。
飲食店と会社員を経験後、フィットネス業界の道へ
趣味はサッカー観戦とゴルフ!
ゴルフは平均飛距離320yd、スコア80台目指しています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© からだドットこむ。(Amélior Performance ブログ) , 2021 All Rights Reserved.